Welcome

INFORMATION

2020-02-16 10:23:00
お洒落の物語

フランスでは中世の終わりまで

洋服に襟がありませんでした。

 

 13世紀になって、首の周りに細い布のベルトが現れ、

それがやがてハイネックへと変わっていきました。

 

 16世紀に現れた飾り襟は、当時大きな白い襟で

プリーツやレースでできていました。

 

 それ以来、飾り襟は女性のおしゃれな小道具になりました。

 

 その飾り襟を、フランス伝統の手法で創り、パール等で

装飾した【PEARL INTERNATIONAL】の付け襟です。